東南アで段ボール市場争奪 王子HD、マレーシアに新工場

2017/4/18 1:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東南アジアの段ボール市場の成長をにらんだ製紙大手の投資が活発になっている。王子ホールディングス(HD)がマレーシアで段ボール原紙の新工場を計画し、タイのサイアム・セメント・グループ(SCG)や中国勢も設備増強に動く。部品や通信販売の輸送向けの需要が拡大。印刷用紙が伸び悩む中で、新たな有望市場の争奪戦が激しくなってきた。

マレーシア北部のペナン州。米ハネウェルなどの航空機器メーカーが進出する地で段…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]