2019年7月22日(月)

印マヒンドラ、伊の自動車デザイン会社買収 開発力上げめざす

2015/12/17 20:27
保存
共有
印刷
その他

【ムンバイ=堀田隆文】インド財閥大手マヒンドラ・グループはイタリアの自動車デザイン会社、ピニンファリーナを買収することで同社と合意したと発表した。傘下企業を通じ、ピニンファリーナの既存株主から同社株約76%を取得する。ピニンファリーナは自動車のデザイン設計で著名な老舗企業。マヒンドラはそのノウハウを取り込み、開発力の底上げを目指す。

傘下の自動車メーカー、マヒンドラ・アンド・マヒンドラ(M&M)とIT(情報技術)サービス会社テック・マヒンドラを通じ、ピニンファリーナの株式を取得する。株式の取得額は2500万ユーロ(約33億円)。マヒンドラは今後、ピニンファリーナ株を追加取得することも計画しており、一連の手続きは2016年内に完了する見通しだ。

ピニンファリーナは伊フェラーリや同アルファロメオなどのデザインで知られる。付加価値の高い車の設計にノウハウを持つが、直近は経営難に陥っており、マヒンドラは以前から株式の取得交渉を進めていた。

マヒンドラ・グループの中核であるM&Mは、インド国内ではSUV(多目的スポーツ車)の開発、生産に定評がある。足元では、米国に開発拠点を設けるなど先進国のノウハウを取り込みながら、海外展開を進めている。今回の買収もこの戦略の一環となる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。