2019年9月23日(月)

ラザダ、インドネシアで小規模販売業者取り込み

2017/3/16 21:56
保存
共有
印刷
その他

■ラザダ(東南アジアのインターネット通販大手) 中国アリババ集団の戦略を取り入れ、インドネシア部門がより多くの小規模販売業者を取り込む考えを示した。同国ではすでに1万5000の業者と提携する。

ラザダ・インドネシアのフロリアン・ホルム共同最高経営責任者(CEO)は15日に記者団に対し、アリババによる買収から1周年となる4月に、もっと多くの小規模業者をオンラインに取り込むためのキャンペーンを開始すると述べた。ラザダの一部の販売業者がアリババの通販サイト「淘宝網(タオバオ)」を通じて中国の消費者に商品を販売できるようにすることも明らかにした。

同氏は「我々は(アリババ)から学んでいる」とした上で、「素晴らしいビジネスのアイデアを持つ人々すべてを助けたい。なぜなら、電子商取引(EC)では最小限のコストでそれをやってみることが可能だからだ」と述べた。

ラザダは東南アジア6カ国に展開しており、2012年に電子製品からファッションまで様々な商品を仕入れてウェブサイトで販売するオンライン小売業者としてインドネシア市場に参入した。その翌年には、外部の販売業者の商品販売も手掛けるようになり、ホルム氏によると、これらは現在同社サイトの商品の80%以上を占め、最大30%の商品がインドネシア国内にある3つの同社倉庫から出荷されている。(ジャカルタ=鈴木亘)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。