アジア最新ニュースの掲載を始めました

アジアフラッシュ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

シンガポール不動産キャピタランド、16年11.7%増益 中国好調

2017/2/16 22:45
共有
保存
印刷
その他

 ■キャピタランド(シンガポールの不動産大手) 2016年の純利益が前年比11.7%増の11億9000万シンガポールドル(約956億円)だった。中国で住宅販売が過去最高だったことなどが利益全体を押し上げた。

 16年の売上高は前年比10.3%増の52億5000万シンガポールドルだった。10~12月期の売上高は前年比6.5%増の18億5000万シンガポールドルで、純利益は73.8%増の4億3050万シンガポールドルだった。投資物件の再評価額が上昇し、減損費用が減少したことが寄与した。

 16年の中国での住宅の売り上げは、販売戸数と売上高共に2年連続の過去最高を記録した。16年に同社は、広州や成都などの都市で1万738戸を販売し、約181億元(約3000億円)を売り上げた。15年の販売戸数は9402戸、売上高は154億元だった。

 シンガポールでの住宅販売は15年より好調で、販売戸数は571戸、売上高は14億1000万シンガポールドルと、共に15年の2倍以上となった。キャピタランドをはじめとする不動産開発会社は、同国政府が不動産市場の過熱を抑える対策を導入してからここ数年間、住宅販売の低迷で苦戦を強いられている。

 複数物件の購入者を対象とした不動産融資規制などはまだ続いているものの、同社は住宅販売戸数が伸びており、同国の住宅市場に安定の兆しがいくらか見え始めているとの見方を示した。

 同社のリム・ミンヤン社長兼最高経営責任者(CEO)は15日の記者会見で、市場の中期的な見通しに自信を持ってはいるが、短期的にはシンガポールの住宅セグメントの比重を減らし続ける意向を示した。同氏は「シンガポールを越えた市場を見据えており、中国やベトナムなどで機会を模索している」と述べた。

(シンガポール=菊池友美)

アジアフラッシュをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

アジアフラッシュ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

AIA、バンコク銀と窓販提携

 ■AIA(アジアの保険大手) タイの銀行最大手、バンコク銀行と提携し、約1200の銀行店舗の窓口で保険商品を販売する。保障型や長期貯蓄型の商品に関し15年間の独占販売契約を結んだ。2018年前半の開…続き (10/13)

ドバイに中東統括拠点

 ■京東方科技集団(BOE、中国国有パネル大手) アラブ首長国連邦(UAE)のドバイに中東統括拠点となる子会社を設立した。中国政府が進める欧州と陸と海で結ぶ広域経済圏構想「一帯一路」の商機獲得が狙い。…続き (10/13)

キューバ支援のタイの医薬品研究所、生産会社設立

 ■サイアム・バイオサイエンス(タイの医薬品製造大手) キューバのがん研究組織、分子免疫学センター(CMI)の商業部門のCIMABと、がんや自己免疫疾患の治療用に6種類のバイオ医薬品を製造する契約に調…続き (10/13)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]