2019年7月24日(水)

中国複合企業、イスラエルの灌漑企業買収

2014/9/16付
保存
共有
印刷
その他

■瀋陽遠大企業集団(中国遼寧省の複合企業) イスラエルの灌漑(かんがい)企業、オートアグロノムを2千万ドル(約21億円)で買収した。慢性的な水不足に悩まされる中国農業にオートアグロノムの技術を広く取り入れる。

オートアグロノムは農作物の根元に水を一滴ずつ垂らす「ドリップイリゲーション」という灌漑技術を得意とし、農業に使う水を50%、化学肥料を70%削減できるとしている。灌漑装置は、センサーが農作物の根元の酸素量、水素イオン指数(pH)、硝酸塩などを計測し、コンピューターが土壌の状況を分析して、人の手を介さずに給水する。植物の生育状況を常に把握し、必要最小限の水で最大の効果を得ることを目指す。

設立は1988年。同社のドリップイリゲーション技術は世界13カ国で使用されている。遠大はドリップイリゲーションの装置を量産する工場を建て、中国全土に販売する。

遠大は高層ビルの外壁材「カーテンウオール」の世界最大手で、ユニークな形で知られる新宿駅前の「東京モード学園」などを手掛けた。エレベーターや風力発電装置も製造する。(大連=森安健)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。