/

この記事は会員限定です

Asia Biz MAP ニッケル供給に変調

17年以降も不足か 首位フィリピン、新政権で暗雲

[有料会員限定]

さびにくさから自動車や住宅に幅広く使われるステンレスの原料、ニッケルの供給が政策に揺れている。アジア最大の鉱石生産国だったインドネシアが製錬業育成のため未加工鉱石の輸出を禁止。フィリピンでも新政権が環境配慮から一部の鉱山で操業を停止させた。2016年はニッケルが6年ぶりに供給不足に転じ、17年以降も続くとの見方がある。住友金属鉱山などの日本企業や中国企業は安定調達への取り組みを迫られている。

「すぐに撤回する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1456文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン