2017年11月23日(木)

トヨタ、タイ主力車を部分改良

コラム(国際・アジア)
2017/9/14 19:29
保存
共有
印刷
その他

 ■トヨタ自動車 タイの最量販車種である小型車「ヤリス」を4年ぶりに部分改良した。外観デザインを見直し、エアバッグなどの安全装備を拡充した。価格は47万9000バーツ(約160万円)から。月3200台の売り上げをめざす。

 ヤリスは後ろに開口部を備える5ドアタイプのハッチバック車。排気量1200ccのガソリンエンジンを搭載する。燃費は1リットル当たり20キロメートル。生産拠点であるタイでまず発売し、輸出先の世界70カ国で順次売り出す。

 2013年から販売してきた従来モデルは、タイで今年8月までに累計15万台強が売れた。若者層を対象とする主力小型車の改良で、国内販売をテコ入れする。

(バンコク=小谷洋司)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

トヨタ自動車ヴィッツタイ主力車



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報