/

ユニバーサル・ロビーナ、鉛検出で飲料100万本回収

■ユニバーサル・ロビーナ(フィリピンの菓子製造大手) ベトナムで同国の基準を超える鉛が茶飲料「C2」など2種類の飲料製品から検出され、約100万本を回収した。1248万ペソ(約2900万円)の罰金を科せられたという。

ランス・ゴコンウェイ最高経営責任者(CEO)は、親会社の大手複合企業JGサミット・ホールディングスの株主総会の会場で記者団に対し「弊社はベトナム保健省と密接に連携し、透明性の高い方法で事態にあたっている。保健省がちょうど当社施設の検査を終えたところだ」と語った。

同社が回収したのは茶飲料「C2」とエネルギー飲料「ロンド」。ベトナムの放送局が5月にこの問題を初めて伝えていた。(マニラ=クリフ・ベンゾン)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン