/

比アヤラ、ネット薬局企業に出資

■アヤラ・コーポレーション(フィリピンの複合企業) インターネット薬局事業「メドグローサー」を手掛けるベンチャー企業、ウェルブリッジ・ヘルスに出資すると発表した。健康管理事業との相乗効果を狙う。

投資子会社アヤラ・ヘルスケア・ホールディングスのパオロ・ボロメオ最高経営責任者(CEO)はウェルブリッジ・ヘルスの少数株主持ち分を取得したと語った。出資の詳細は明らかにしていない。ボロメオ氏は今回の出資について「薬局事業の強化と健康事業の技術向上につながる」と語った。

メドグローサーのサイトでは、購入者が薬品価格を比較したり、購入前に医薬品の詳しい情報を得たりすることができるうえ、法人顧客には配達もしてくれる。

(マニラ=クリフ・ベンゾン)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン