/

この記事は会員限定です

タイCP、欧州に「無人工場」 食で世界に攻勢

7人で1日10万食 海外に通じるブランドに

[有料会員限定]

タイ最大財閥のチャロン・ポカパン(CP)グループが食の技術で世界戦略に乗り出した。ベルギーではほぼ自動化した"無人工場"で1日10万食の弁当を作る。これまで欧米の大手小売りに鶏肉やエビなどの食材を供給してきたが、海外市場でも通用する自社ブランドを育成するのが狙いだ。「世界の台所」を目指すアジアの巨人が欧州を中心に食品の勢力図を塗り替えようとしている。

ベルギーの古都アントワープ郊外にある全従業員5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン