2019年3月20日(水)

NTTコム、ミャンマー全土のネット接続事業免許取得

2016/7/13 20:57
保存
共有
印刷
その他

■NTTコミュニケーションズ 13日、ミャンマー運輸・通信省から同国全土を対象とする法人向けインターネット接続サービスの事業免許を取得したと発表した。経済成長で拡大する法人需要の取り込みを急ぐ。

従来は地域限定の免許を使って最大都市ヤンゴンの一部でサービスを手掛けていた。今回、ミャンマー全土での事業免許を得たことで、段階的にサービスエリアを広げる。

ミャンマーでは珍しい24時間体制の回線故障の検知サービスなども提供する。回線敷設工事の施工期間で国内最短の水準を目指す。高品質の通信インフラを求める外資系企業などに売り込む。

ミャンマーでは国内最大の通信事業者、国営郵電公社(MPT)と提携するKDDIも同種の免許を取得済みで、ヤンゴン中心にネット接続サービスを展開している。

NTTコムは2012年10月、ヤンゴンに拠点を開設してミャンマー市場に参入。これまでシステム構築などのサービスを手掛けてきた。東南アジアで法人向けネット接続サービスに本格参入するのは、シンガポールやタイに次いでミャンマーが7カ国目。(ヤンゴン=松井基一)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報