2019年3月19日(火)

オラム・インターナショナル、ナイジェリアの製粉買収

2016/1/12 22:57
保存
共有
印刷
その他

■オラム・インターナショナル(シンガポールの上場農産物商社) ナイジェリアの最大都市ラゴスのBUAグループから2億7500万ドル(約323億円)で小麦製粉・パスタ製造工場を保有するアンバー・フーズを買収した。

サハラ以南のアフリカで生産能力を倍増し、売上高でナイジェリアの小麦製粉業2位となる。

アンバー・フーズはナイジェリアの小麦製粉業の大手5社の一つ。

オラムによると、アフリカのサハラ以南で日量3880トンだった生産量は7640トンに増加する。2016年6月に新施設が完成すれば、ナイジェリアのみの生産量も日量2380トンから6140トンに増える。ナイジェリアの小麦粉市場は20億ドル規模とみられ、年間3.5%増加している。嗜好の変化やインスタント食品の需要増加から、パスタの需要は年間8%の伸びを見せている。ナイジェリアは多民族国家で、人口は1億8000万人とアフリカ最大だ。

BUAの買収契約には、2つの製粉工場、北部ラゴスのパスタ工場、南部ポートハーコートに建設中の製粉・パスタ工場が含まれる。新施設での生産は6月からで、同国南東部へのアクセスが向上する。(シンガポール=菊池友美)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報