/

インド政府、休眠状態の金を貨幣化

■インド政府 金の価格に連動する「ソブリン・ゴールド・ボンド」の販売や、金貨の導入を計画している。インドの家庭には2万トン超の貴金属が使用されず眠っているとされ、こうした金を活用して輸入を減らす狙いだ。

インド財務省によると、同国は毎年800~1000トンの金を輸入している。金の需要は8月から10月のお祭りシーズンと11月から5月の婚礼シーズンに高まる。(ニューデリー=キラン・シャルマ)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン