2019年8月25日(日)

フィリピン中銀、銀行免許交付の規制解除へ

2016/2/15 19:06
保存
共有
印刷
その他

■フィリピン中央銀行 金融サービス開放の取り組みの一環として、17年間新規交付を停止していた銀行免許に関する規制を段階的に解除していくと発表した。2018年までに免許交付に関する規制を全て撤廃する。

第1段階として2017年末までに、既存の貯蓄銀行を、商業銀行や、商業銀行と投資銀行のサービスを行うユニバーサルバンクに昇格させる。

一方、アキノ大統領は14年7月、外資系銀行の参入を認める法律に署名しており、15年に三井住友銀行、韓国の中小企業銀行、同新韓金融持ち株会社傘下の新韓銀行、台湾の国泰世華銀行(キャセイ・ユナイテッド銀行)、同元大商業銀行、シンガポールのユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)の外銀6行が同国に参入した。

また、1月には三菱東京UFJ銀行が同国のセキュリティバンクの株式の20%にあたる369億ペソ(約870億円)を出資した。外資の銀行への株式投資としては同国でこれまで最大となっている。(マニラ=クリフ・ベンゾン)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。