米スタバ、アジア1万店に 5年で倍増
規模で米に匹敵、中国・日本で紅茶専門店も

2014/12/13付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界最大のコーヒーチェーンである米スターバックスはアジアで出店攻勢をかける。日本を含むアジアの店舗数を今後5年で2倍超の1万店に増やす。中国や日本では紅茶専門店を導入するなど、新規顧客の開拓や来店頻度の向上を目指し店舗を多様化したり、モバイル決済を取り入れたりする。北米での競争が激しさを増すなか、新たな成長源をアジアに求める。

アジア部門トップのジョン・カルバー氏が明らかにした。1万店は現在の米…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]