メトロ・パシフィック、比高速の建設権落札

2015/6/13付
保存
共有
印刷
その他

■メトロ・パシフィック・インベストメンツ(MPIC、フィリピンの大手投資会社) グループ会社がフィリピンのカビテ・ラグナ高速道路の建設・運営権を落札した。総事業費は354億ペソ(約960億円)。

同社系列のMPCALAホールディングスが落札した。この高速道路は首都マニラとルソン島南部を結ぶ。2014年に入札が実施され、いったんは大手複合企業のアヤラ・コーポレーションとアボイティスグループが落札したが、サンミゲルが入札でより高い価格を提示していた異議を申し立て、アキノ大統領が再入札を実施するよう指示していた。(マニラ=クリフ・ベンゾン)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]