/

この記事は会員限定です

東南ア、野菜ビジネス勃興 大規模・ブランド化進む

[有料会員限定]

零細栽培のイメージが強い野菜を大量生産したり、ブランド化したりする試みが東南アジアで進み始めた。ラオスでは農家を大規模に組織し、低価格で出荷する農業法人が急成長。タイやベトナムでは「低農薬」などを売り物に、逆に値段の高い野菜が人気を集める。所得向上で消費量が増え、食の安全への関心も高まっている。人口6億人の東南アジアで「野菜ビジネス」が勃興している。

ラオス南東部に標高1千メートル級の台地が広がる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1567文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン