/

この記事は会員限定です

東南ア航空各社、運賃競争で消耗戦 4四半期連続減収

1~3月の5社合計

[有料会員限定]

東南アジアの航空各社が繰り広げる運賃競争が業績の足を引っ張っている。エアアジアなど主要5社の2016年1~3月期の売上高合計は前年同期と比べ6.5%の減少。原油安で燃料費負担が減り最終黒字が2.3倍に膨らんだにもかかわらず、4四半期連続の減収となった。エアアジアやセブ・エアなど各社は独自路線の開設で「脱・消耗戦」の道を探るが、燃油価格は足元では上昇しつつあり、成長戦略作りは待ったなしだ。

日本経済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1341文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン