/

ベトナムのマイリンタクシー、EV導入へ

■マイリンタクシー(ベトナムタクシー大手) 2021年までに2万台の電気自動車(EV)を導入する。主に仏ルノー製の「ゾエ」を輸入する見通し。ベトナムのタクシー会社がEVを本格的に採用するのはこれが初めて。

4月から、ホーチミン市で試験的に100台のEVを導入した。排ガスがなく、騒音も少ないとして顧客の評判も良いという。同市だけで約4000台をガソリン車から切り替える。1キロメートル当たりの運行コストはガソリン車に比べて4割安くなるとみている。

ベトナムでは中間層に自動車が普及し始めている。排ガス対策とEVの普及啓発の両面で多くの人が利用するタクシーは効果が大きい。(ハノイ=富山篤)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン