/

この記事は会員限定です

アジア6カ国、米欧勢ブランドが首位独占 本社調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社がアジア主要6カ国の製品・サービスを対象とした調査で、全5分野の「買いたい・利用したい」ブランドの首位を米欧勢が独占した。自動車はBMWなどドイツ3社が上位を独占。高級ファッションはイタリアのグッチが首位となった。アジア勢ではスマートフォン(スマホ)の韓国・サムスン電子やファストファッションのユニクロなどが上位に入ったのみ。消費減速が指摘される中でも、財布のひもを緩ませる「憧れ」や「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2552文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン