サムスン、バイオ医薬で攻める
IPO 時価総額9000億円 スピード感を重視

2016/11/11 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

韓国サムスングループの医薬品メーカー、サムスンバイオロジクスが10日、韓国取引所に新規株式公開(IPO)した。株式時価総額は約9千億円となり、韓国医薬業界ではセルトリオンとほぼ並ぶ2強の一角を占めることになった。サムスングループはスマートフォン(スマホ)の品質問題などで逆風が強まるなか、医薬品を新たな経営の柱に育てようとアクセルを踏む。

上場セレモニーに出席した金泰漢(キム・テハン)社長は、同社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]