シャオミ、取引先にインド生産要請

2017/6/9 20:12
保存
共有
印刷
その他

■小米(シャオミ、中国スマートフォン大手) 自社に部品を供給するメーカーに対し、インドで生産するよう呼びかけていると明らかにした。インドにある小米の工場近くでの生産を部品各社と検討しているという。

小米はインドで直営店「小米之家」(ミホーム)を構え、同国の小売業界で存在感を増している。主にネット上で、既にインド第2位の携帯販売会社になっている。インドは世界で最も急速に成長するスマホ市場の一つで、部品供給会社には車載用CMOS(相補性金属酸化膜半導体)イメージセンサー大手の米オムニビジョン、米半導体大手クアルコム、シャープソニーなどがある。

インドの小米のジャイナ社長はNikkei Asian Reviewに対し、「我々の組み立て工場の隣にどのように工場を建てられるか、部品供給各社と検討している」と語った。同氏は、地元インドの技術や供給網を利用する余地は十分にあると語った。他の携帯製造会社もインドに工場を建てれば、部品メーカーへのさらなる動機づけになる。

小米は中国や韓国、日本など世界中から部品を購入している。現在、インドで同社が販売する携帯の95%はインド南部の2つの工場で組み立てられている。(ムンバイ=ローズマリー・マランディ)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]