ケッペル・ランド、ヤンゴンで複合施設

2016/9/12 21:25
保存
共有
印刷
その他

■ケッペル・ランド(シンガポールの不動産大手) ミャンマーの複合企業シュエ・タン・グループとの間で、同国ヤンゴン市内で住居やオフィスなどの複合施設を共同建設する契約を結んだ。約4860万ドル(約50億円)を投じる。

ヤンゴン市中心部のビジネス街にある「ジャンクション・シティ」で、サービス付き住居とオフィスからなる多目的施設を建設するプロジェクトに40%出資する。

今回の提携は、ジャンクション・シティ開発計画の第2期にあたり、2018年に着工予定。

ケッペル・ランドは1993年、初めてミャンマー市場に参入し、セドナ・ホテル・ヤンゴンをはじめとするホテルを所有している。(シンガポール=ジャスティナ・リー)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]