/

鴻海、新「iPhone」向けに充電モジュール試作か

■鴻海精密工業(ホンハイ、台湾の電子機器受託生産大手) 米アップルが2017年発売予定の「iPhone」の最新モデル向けにワイヤレス充電モジュール(複合部品)の試作を進めていると関係筋が語った。

17年はiPhone発売から10周年に当たる。関係筋は「ただし、製品が最終的にアップルの最新モデルに採用されるかは、フォックスコン(鴻海)がその後の歩留まり率を満足いく水準に高められるかに掛かっている」という。

歩留まり率は、生産した部品に占める一定の品質レベルを満たした良品の割合を示す。これが低ければ、利益を出せないと見なされ、最終製品として出荷されないこともある。

関係筋は、鴻海がiPhoneに使われるモジュールを製造しているとした上で、17年に発売される全てのiPhoneにその新機能が付くかどうかは、はっきりしないとしている。

この件について、アップルは説明を求めた電子メールに答えず、鴻海はコメントを控えた。

ワイヤレス充電機能の導入は、デザインの見直しで一般に「iPhone8」と呼ばれている新機種の売り上げ増加を狙うアップルの取り組みの一環。ただiPhone発売10周年という特別なイベントになるため、「iPhone8」という名称は別なものになる可能性もある。(台北=呉詠航)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン