/

この記事は会員限定です

中国国営テレビ、海外粉ミルク批判 国産不振で?

[有料会員限定]

【大連=原島大介】中国国営中央テレビ(CCTV)は日本を含む海外ブランドの粉ミルクについて、自国の基準を満たしていないとする番組を放送した。CCTVは3月にも不確かな情報を基に、日本からの輸入食品が危険だと批判した。今回は自国産の粉ミルクが販売不振に陥るなか、海外ブランドをやり玉に挙げて、消費者を誘導する意図があるようだ。

CCTVは6、7日の2日間にわたり、「消費主張」という番組で批判を展開。日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り503文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン