/

この記事は会員限定です

台湾産業用コンピューター大手の研華、日本でM&A

広がる「日台連合」

[有料会員限定]

台湾の産業用コンピューター大手、研華(アドバンテック)は日本企業のM&A(合併・買収)に乗り出す。通信機器の部品などで日本の技術力を取り込み、年15%の増収増益をめざす。2016年に鴻海(ホンハイ)精密工業がシャープを買収したのをはじめ、台湾企業は日本企業の有力な買い手となりつつあり、製造業を中心に「日台連合」が広がりそうだ。

電子機器の製造を世界の有力メーカーから受託する「黒子」として知られる

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1358文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません