2018年2月19日(月)

サイアム・セメント、ベトナムで工場買収

コラム(国際・アジア)
2017/3/8 21:36
保存
共有
印刷
その他

 ■サイアム・セメント・グループ(SCG、タイ素材最大手) 7日、ベトナム中部のセメント工場数カ所を買収したと発表した。同社の海外セメント生産能力は40%増大する。買収した工場の生産能力は合計で年間310万トン。

 ベトナムの数カ所でセメント生産とグランディング(グラウト材)工場を運営するベトナム・コンストラクション・マテリアルズの全株式を1億5600万ドル(約178億円)で買収した。サイアム・セメントがタイ証券取引所に提出した報告によると、純負債や効率向上のための追加投資を含めた企業取引額は4億4000万ドル。

 サイアム・セメントにとってタイ以外での最大の生産拠点となる。ベトナム北部ではセメントは供給過剰の状態にあるが、中部、南部では需要は十分にあるという。

 サイアム・セメントはカンボジア、インドネシア、ミャンマーでセメント工場を運営している。試験操業中のラオスの新工場が年内に本格稼働すれば、同社の海外生産能力は、タイ国内の生産能力2300万トンの約半分にあたる1050万トンとなる。

 サイアム・セメントはタイより高い成長が見込まれる途上国を中心に東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国に積極的に投資している。(バンコク=小野由香子)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報