2019年3月20日(水)

キャピタランド、日本での運用資産を倍増

2017/6/7 22:25
保存
共有
印刷
その他

■キャピタランド(シンガポール不動産大手) 名古屋と大阪、東京など日本の不動産取得を増やしている。同社のリム・ミンヤン最高経営責任者(CEO)によると、日本の運用資産を50億シンガポールドル(約3960億円)に倍増する。

リム氏は、同社のサービス付きアパート事業で最大の旗艦事業、「アスコット丸の内東京」のオープニングセレモニーでスピーチした。同氏は資産増加の時期を特定しなかったものの、不動産投信をはじめとする資金調達の選択肢を調査しながら、「間もなく」増やすことになるだろうと語った。

東京の不動産市場は、2020年のオリンピックを前に世界から強い関心を集めており、観光ブームはサービス付きアパートの需要を刺激するとみられている。キャピタランドは、自社の運用資産にオフィスやショッピングモール、サービス付き住居を増やそうとしている。同社には候補物件が既にあるため、17年末までに運用資産が30億シンガポールドルに達するとみている。

リム氏は、キャピタランドが「これから日本の貴重な提携先と強い絆を築いていく」ことを楽しみにしていると語った。提携が決まっている会社の中には、キャピタランドが大阪のサービス付きアパート事業で提携する高島屋が含まれている。

キャピタランドは2月、横浜のオフィスビル2棟と東京のオフィスビル1棟、埼玉のショッピングモール1店の計4件の不動産を総額497億円で取得した。これにより、同社の日本の運用資産は、モールが5店、オフィスビルが4棟、サービス付きアパートと賃貸アパートが23件になった。

(東京=谷繭子)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報