2019年7月22日(月)

小米董事長「海外展開、容易でない」 スマホ不振を吐露

2017/3/6 20:55
保存
共有
印刷
その他

【北京=中村裕】中国スマートフォン(スマホ)大手の小米(シャオミ)の雷軍・董事長は6日、「グローバル展開は容易でない。多くの経験を積む必要がある」と述べ、海外市場で苦しむ現状を吐露した。同社は国内販売も低迷している。全国人民代表大会(全人代)が開かれている北京市内で、全人代代表として開いた記者会見で語った。

「我々は3年前から海外7カ国を攻めたが、急ぎすぎた。各国で政策や人材が異なり、世界展開は急いでは駄目だと分かった」とも述べた。その上で「インドはうまく行ったので、今年はインドネシア、ロシア、ウクライナ、ベトナムを重点的に攻めたい」と語った。

米調査会社IDCの調べによると、2016年の小米のスマホ出荷台数は前年比36%減と急減した。ただ、小米は自社による販売結果の公表は控えている。その理由について問われると、「グローバルな会社になるには、販売台数は重要な事ではない」とした。

さらに今年、売上高1千億元(約1兆6千億円)の目標を掲げるが、具体策については「今はその話をするのは、まだ早い。年末になってから話をしたい」と、質問をけむに巻いた。今後、半年以内に人工知能(AI)を応用した重要な製品を発売するという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。