2019年8月19日(月)

非鉄大手ユミコア、中韓で電極材生産能力3倍 170億円投資

2016/5/9 23:20
保存
共有
印刷
その他

【フランクフルト=加藤貴行】非鉄金属世界大手のユミコア(ベルギー)は、中国と韓国で2次電池の電極材料の生産能力を2018年末までに3倍にする。投資額は1億6千万ドル(約170億円)。ユミコアはリチウムイオン電池向け電極の世界大手。中韓で車載用電池大手の増産が進み、電池の能力向上需要も高まるなか供給を増やす。

中国広東省の江門市、韓国北西部の天安市にある工場で既存施設を拡張し、新たな設備も計画する。ニッケル、マンガン、コバルトを使う電極を生産する。

電気自動車(EV)やハイブリッド車の普及が世界的に見込まれ、アジアでも二酸化炭素(CO2)排出量の削減や大気汚染対策として需要が増える見通し。EV普及の課題である航続距離は電極の品質も左右する。ユミコアは2011年から神戸市でも電池材料の生産を始め、アジア重視の姿勢を強めている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。