東南ア、郊外開発に商機
鉄道網発達で人口が移動

2016/10/6 0:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中心部に一極集中してきた東南アジアの都市開発が郊外に広がってきた。タイの首都バンコク周辺では2016年に郊外でのマンション供給戸数が過去最高となる見通し。ベトナムのホーチミン市周辺でも住宅や商業施設の整備が進む。都市鉄道の整備で利便性が高まり、農村や都市中心部からの人口移動を促している。郊外型の生活スタイルへの移行は企業に新たな商機をもたらしそうだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]