/

この記事は会員限定です

規制の行方、ドローン普及に影響

[有料会員限定]

米調査会社ティールグループによると、2014年に64億ドル(約8千億円)だったドローンの世界市場規模は、10年後に1.8倍の115億ドルへ増える見通し。民生用の比率が11%から14%へ拡大し、特に商業利用が活発になるとみられる。

カナダのエリオン・ラボが、送ガス管や水力発電所の監視用途の高級機種で強みを持つ。米国はテロ警戒で規制が強く、商業利用は足踏みが続く。中国は1機数万円からの普及機で先んじた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り294文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン