2018年1月20日(土)

トヨタ、タイでEVシェア 大学構内に30台配備

2017/8/3 20:48
保存
共有
印刷
その他

 【バンコク=小谷洋司】トヨタ自動車はタイで電気自動車(EV)シェアリングサービスを始める。2018年半ばまでに首都バンコクの大学に1人乗りEVを30台配備する。トヨタが新興国でEVシェアを実用化するのは初めて。まず今年12月、トヨタ車体の超小型EVを10台導入する。

 3日、バンコクにキャンパスがあるチュラロンコン大学と合意した。新興国で深刻化している渋滞や大気汚染の軽減策として、EVシェアの有効性を探る。

 利用者はスマートフォンから車を予約する。料金は最初の20分が30バーツ(約100円)。

 タイ政府はEV産業の誘致や育成を掲げている。この日、新サービスの説明を聞いたウッタマ工業相は、ハイブリッド車(HV)やEVの現地生産に向けた自動車業界の動きを支援する姿勢を改めて強調した。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報