2019年2月16日(土)

泰日工業大学、5カ年計画を発表 MOOC開始

2017/8/3 20:35
保存
共有
印刷
その他

■泰日工業大学(TNI) MOOC(大規模公開オンライン講座)の導入などを柱とする5カ年計画をまとめた。泰日経済技術振興協会(TPA)と連携し、ミャンマー、カンボジア、ラオスなど周辺国での人材育成も進める考えだ。

TNIの副理事長を務めるスチャリット・クーンタナクンウォンTPA会長は「3カ月以内にMOOCの提供を始める」と話した。オンラインでの学習だけでなく、ワークショップを組み合わせ、理論と実務の両方を学べるようにする。学生やすでに働いているエンジニアの利用を見込む。

デジタルエンジニアリングやデータサイエンス、国際ビジネスマネジメントなどのカリキュラムを新設、拡充する方針も示した。産業界で需要が高まっている分野に強い人材を育成する。バンディット・ローアラヤノン学長は「即戦力として大企業に入る学生だけでなく、自分で起業できる力を持つ学生を育てていきたい」と意気込んだ。

泰日工業大学はタイで日本のものづくりを教える私立大学で、今年で設立10年目を迎える。日本留学経験者らでつくるTPAを母体に、2007年に四年制大学として首都バンコクで開校。2016年には約1300人が入学した。就職率は100%で、卒業生の約4割が日系企業に就職している。

(バンコク=岸本まりみ)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報