/

この記事は会員限定です

ハイネケン、東南アに成長託す シェア3位に浮上

[有料会員限定]

ビール世界2位のハイネケン(オランダ)が東南アジアで攻勢をかけている。ベトナムの工場で生産能力を10倍以上に拡大するほか、ミャンマーなどで新工場が稼働。2015年の域内での市場シェアは3位に浮上した。ビール業界では市場の寡占化が進み、昨年誕生した巨人「新生インベブ」がアフリカや中南米など新興市場でも強さをみせている。残る有望市場である東南アジアを取りこぼすまいとハイネケンは市場開拓を急ぐ。

ハノイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1568文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン