2019年1月17日(木)

ムーディーズ、シンガポール銀行業界の見通し「弱含み」に

2016/7/4 23:25
保存
共有
印刷
その他

■ムーディーズ・インベスターズ・サービス 4日までにオーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)などシンガポールの銀行業界の見通しを「安定的」から「ネガティブ(弱含み)」に引き下げた。利益率の悪化などが理由。

OCBCの財務リサーチ・戦略部門責任者、セレナ・リン氏は、シンガポールの銀行の融資は2016年4~6月期に前年同期比で1.1%縮小する可能性があると指摘。「特に、英国の欧州連合(EU)離脱の不透明感が長引く」などのマクロ経済に逆風が吹くなか、2016年通年の融資が前の期比で0.2%縮小するとの見通しを述べた。

ムーディーズは、シンガポールの銀行業界の見通しを下方修正したものの、政府の支援や資本力の強さなどが緩衝材になるとの見通しも示した。

ムーディーズは、シンガポールのDBS、OCBC、ユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)を含む銀行5行の個別の格付けについては既に格付け見通しを「ネガティブ」に引き下げている。

(シンガポール=ジャスティナ・リー)

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報