/

この記事は会員限定です

イスラム圏攻略、ラマダンで試す 需要集中に商機

[有料会員限定]

英蘭ユニリーバや独メトロなど世界の消費関連企業がイスラム教徒のラマダン(断食月)商戦で奮闘している。イスラム教徒の習慣やニーズに合わせた商品の提供にしのぎを削るが、食品や衣類の需要が一気に集中するなど特有の難しさがある。どんな商品が求められ、どう品切れを防ぐか。世界大手にとってのラマダン商戦は、拡大するイスラム圏市場の攻略に向けた「鍛錬」の場になってきた。

1億9千万人の人口の95%をイスラム教徒...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1177文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン