/

韓国公取委、ロッテに制裁検討 系列会社の株式保有で虚偽報告

【ソウル=加藤宏一】韓国の公正取引委員会は1日、ロッテグループが系列会社の株式の保有状況について虚偽の報告をし、公正取引法違反に当たるとして制裁を科す方向で検討に入った。日本のロッテホールディングス(HD)など、海外の一部の系列会社のオーナー家の株式の保有について事実とは異なる情報を伝えていたという。

韓国で資産5兆ウォン(約5千億円)以上の「大企業集団」は系列会社に対するオーナー家の株式保有状況を報告する義務がある。ロッテは韓国のグループの事実上の持ち株会社、ホテルロッテなどに出資する日本のロッテHD、資産管理会社の光潤社(東京・新宿)、L投資会社などについてオーナー家と関連のない「その他株主」が持つ会社だと報告していた。

聯合ニュースによると、虚偽の資料を提出したり、公示をしたりした場合、公取委は1億ウォン以下の罰金を科し、オーナー家総帥を告発することもありうるという。韓国ロッテは同日、「追加資料の提出など調査に対して最大限の協力をする」とのコメントを発表した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン