/

この記事は会員限定です

東南アのネット通販 決済方法の多様化が課題

[有料会員限定]

東南アジアにはアマゾンが主戦場としてきた欧米ではあまりみられない障壁が残る。クレジットカードや銀行口座の普及率の低さがその一つだ。地場勢は宅配時の現金払いやコンビニ払いなどに対応するが、アマゾンはシンガポールではカード払いだけで、周辺国への展開には決済方法の多様化が求められそうだ。

一方、競合のアリババは東南アジアのスマホ普及に目を付け、中国で確立した電子決済システム「支付...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン