2019年1月20日(日)

SKイノベーション、電気自向けバッテリー事業の投資拡大

2017/6/1 20:22
保存
共有
印刷
その他

■SKイノベーション(韓国石油・化学大手) 電気自動車市場の急拡大に対応して、バッテリー事業への投資を増やす方針を明らかにした。市場占有率を2020年までに10%、25年までに30%に引き上げ目指す。

同社のキム・ジュン最高経営責任者(CEO)は記者会見で、「電気自動車向けバッテリーに大きな期待を寄せている。我々はダイムラーや現代自動車向けに供給しており、実績は十分にある」と強調した。「バッテリー受注は急増する見込みで、本格的な競争はこれから始まる」と付け加えた。

世界のバッテリー市場は急速に拡大する見通しで、アナリストは2016年の25GWh(ギガワット時)から2020年には110GWhに増えるとみている。2025年には300~1000GWhに達するとみられる。韓国ではこれまでこの分野でLG化学とサムスンSDIが先行、SKイノベーションは遅れて参入した。(ソウル=金再源)

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報