2019年2月19日(火)

IHHヘルスケア、患者増で4~6月増益

2014/9/1付
保存
共有
印刷
その他

■IHHヘルスケア(マレーシア本拠の大手病院経営グループ) 2014年4~6月期の最終利益が2億900万リンギ(約68億7100万円)と、前年同期比33%の大幅増益となった。患者数増と収容能力の拡張が主因だ。

IHHの発表によれば、同期間の入院患者数はシンガポールで11.5%、マレーシアで13%増加。入院患者1人当たり平均収入は、シンガポールが2万1499リンギ、マレーシアが4900リンギだった。両国内の患者に加え、中国、中東、ミャンマーなどの新市場からの患者数も増えた。

IHHグループの子会社でトルコ最大の民間医療機関、アジバデム・ヘルスケアの同期売上高は6億7500万リンギと4%増だった。病床数の拡大と新病院棟の新設が寄与した。

IHHの売上高は、前年同期比で11%増の18億7000万リンギだった。同グループは、マレーシアをはじめとするアジア地域からの医療需要の高まりを背景に、残り2四半期も堅調な伸びを維持するとみている。

IHHは、アジアと中東の富裕層を対象として高度な医療サービスを提供している。時価総額で世界第2位の民間医療機関で、マレーシア、シンガポール、トルコ、その他数カ国で合計37の病院を経営している。(クアラルンプール=CK・タン)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報