/

この記事は会員限定です

下期IPOはLINE目玉 個性派続々、有望銘柄探る

[有料会員限定]
 今年下期はLINEやJR九州など個人にも身近な企業の新規株式公開(IPO)が相次ぐ。有力銘柄の上場は投資を呼び込む起爆剤となるか。船出が期待される企業群を探ってみた。

JR九州も注目 低迷相場に転機? 革新技術持つ「予備軍」にも期待

2016年下期(7~12月)に向けて新規株式公開(IPO)が本格化している。注目を集めるのは7月15日に上場するLINE(証券コード 3938)だ。時価総額は約6000億円と今年最大になる見通し。その後も年内には九州旅客鉄道(JR九州)など、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4263文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン