/

この記事は会員限定です

日本の牛肉輸出量、最高を更新 14年

[有料会員限定]

今年の日本の牛肉輸出が量、金額ともに過去最高を更新した。1~10月の輸出量は前年同期より4割多い959トンで、通年で過去最高だった昨年(909トン)を超えた。金額も同4割増の62億円。高級部位を中心に余剰感が強まっている和牛は販路開拓が課題で海外市場に活路を探る。欧州連合(EU)への輸出解禁も追い風だ。

国内は低価格志向

飼育農家の高齢化による廃業に伴い牛の飼育頭数は減少が続き、枝肉の卸売価格は上がっている。だが生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り847文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン