/

この記事は会員限定です

地方議員の「政務活動費」 ホントの使い道は?

[有料会員限定]

野々村竜太郎元兵庫県議の「号泣会見」で、思わぬ注目を浴びた地方議会の政務活動費。議員報酬とは別に支給され、使い道も幅広いため、「第2の給与」とも呼ばれる。過去にも不明朗な支出が問題視され、多くの議会では領収書の添付義務付けなど透明化が進んでいる。政務活動費の相場はいくらで、どんな目的で使うものだろうか。

都道府県議は月20万~60万円

政務活動費の金額は、自治体によって大きな開きがある。全都道府県の条例などを確認したところ、すべ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2115文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン