手軽なコーヒー、10年後も楽しめるか
商品部 斎宮孝太郎

2015/2/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コーヒー豆は長期的に値上がりが避けられない――。こんな見方がコーヒー豆の業界関係者の間で強まっている。新興国の経済発展により消費量が年2%の割合で増加するのに対し、作付けに適した土地が世界中で不足しているためだ。主産国ブラジルなど生産国の人件費上昇によるコスト増も背景にある。食卓や喫茶店で楽しめていたコーヒーが、やがて高価な嗜好品となる日がやってくるかもしれない。

「5年や10年後の状況が心配だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]