/

この記事は会員限定です

ウナギ、今年は1~2割安 商戦すでに熱く

[有料会員限定]

今年の土用の丑(うし)の日を控え、小売店でウナギの値下げが広がっている。かば焼き用の国産ウナギの仕入れ値が下落しており、うな重の店頭価格も昨年に比べ1~2割安くなりそうだ。商戦はすでに盛り上がっており、イオンの6月の販売額は前年と比べ15%増加、鮮魚大手の魚力も3~6月の売上高が2割増えた。

今年の丑の日は7月25日と8月6日の2回。7月中旬にかけて品ぞろえが充実する。イオンは通年で販売している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り439文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン