2018年11月14日(水)

バター不足緩む 輸入品増で4割安、国産在庫も放出

2016/2/26 22:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

バター不足がようやく緩和し始めた。国が管理している輸入バターが少しずつ出回る見通しとなり取引価格が4割下落。この影響で国産にも先安観が広がり、卸業者が国産在庫を放出し始めた。一部のスーパーでは欠品も減っている。

日本ではバターを年間7万トン弱生産し、不足分を国家貿易で輸入している。政府は2016年度の輸入を7000トンにすると決め、25日までにニュージーランドやオランダ産の入札をすませた。

バタ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報