/

この記事は会員限定です

米産食品の輸入停滞 豚肉・オレンジ・ポテト…品薄

[有料会員限定]

米西海岸にある港湾施設の労使交渉が長引き影響が広がっている。日本KFCホールディングス傘下の日本ケンタッキー・フライド・チキン(東京・渋谷)は「フライドポテト」の販売を休止する。労使対立を背景に港湾作業が遅れ輸出が滞っているためだ。豚肉は品薄感が強くスーパーではオレンジやカボチャなどが値上がりし、食卓に影を落としている。

日本KFCは22日以降、在庫がなくなった店から順次、販売を休止し再開時期は未...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り683文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン