新米安値、産地間競争が拍車 過剰在庫減へ販売激化

2014/10/22 22:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

店頭に並んだ2014年産の新米の安値が目立っている。消費者のコメ離れで在庫が過剰になったところに、産地間の販売競争が激化し値下がりに拍車をかけている。18年産メドの減反廃止で農家が自由にコメを作れるようになれば競争がさらに激しくなるのは必至だ。産地や卸会社の間で早くも減反廃止後を見据えた動きが始まっている。

10月中旬、首都圏のスーパーのコメ売り場は主要銘柄が新米に切り替わった。特売価格は新潟産…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]