/

この記事は会員限定です

あんこも値上がりか 小豆の輸入量が大幅減

商品部 岩本貴子

[有料会員限定]

和菓子などに使うあんこの原料となる小豆が昨年、国内で9年ぶりの豊作となり、農林水産省が需給調整に乗り出した。輸入する際に税率の優遇が受けられる関税割当枠が、4~9月は前期に比べ大幅に削減され、不需要期にもかかわらず輸入品の取引価格が上昇している。「割当枠の減少はわずかだろう」とたかをくくっていた商社の間には戸惑いの声が広がっている。

関税割当制度は、一定枠の輸入量は無税または税率を低くする一方、こ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り995文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン